姿勢が悪いデメリット

突然ですが、あなたは姿勢が悪いと言われたことはありませんか?姿勢が悪いと見た目が悪くなるだけでなく、健康にも悪影響を及ぼすことがあります。姿勢が悪いとどんなデメリットがあるのでしょうか?また、姿勢を改善する方法はあるのでしょうか?
この記事を読むだけで姿勢を改善しなきゃいけない理由とその解決方法がわかります!

こんにちは!札幌市北区北24条駅にて営業している姿勢改善・腰痛改善特化パーソナルジム代表の山下です。

理学療法士がお伝えする講座です。今回は、【姿勢が悪いデメリット】に関してお話をしていきます。

目次

姿勢が悪くなる原因

① インナーマッスルの低下

人には、身体を動かす際に主に使われる「アウターマッスル」と、身体を支える際に主に使われる「インナーマッスル」があります。

姿勢が崩れてくると、普段姿勢を支えてくれるインナーマッスルも使われなくなってきてしまいます。筋力は使われなくなってくると、ドンドン弱っていってしまいます。

人は、周囲の環境に適応しようとする生物です。筋力も同じです。トレーニングをしている人であれば「過負荷の原則」という言葉をご存じだと思います。
身体にかかる負荷に適応するように、筋力が増えていく反応を利用して、筋力アップや筋肥大を狙っているのです。

姿勢不良による筋力の低下はこれとは逆です。
普段使わなくなってしまった筋肉への刺激量が減ることによって、筋肉へのかかる負担が減り、必要のない筋肉はドンドン弱くなっていきます。

筋力が低下する

身体を正常な位置で支えられなくなり余計に姿勢が崩れる


更に筋力が低下する


の負のスパイラルに陥ります。

② 骨盤の歪み

インナーマッスルの低下により、姿勢や骨盤の歪みが生じます。
腰骨の高さが左右で違うと骨盤がゆがんでいる、と感じやすいと思います。
しかし、骨盤は「骨」ですので、それ自体がゆがむことはありません。
骨盤のゆがみのほとんどは、骨盤についている筋肉の緊張バランスの崩れや、その下の脚からゆがみが生じていることによるものです。

骨盤が歪む原因は、さまざまですが日常生活の癖で起こることがほとんどです。


脚を組む

座っているときに脚を組むことで、骨盤の歪みを引き起こす可能性があります。この姿勢は、背骨の曲がりやお腹の膨らみをもたらし、骨盤のバランスを崩します。

ほおづえをつく

ほおづえをつくことで、背骨が横に傾き、片方のお尻に重心がかかります。これは骨盤だけでなく、顔や肩のバランスにも影響を及ぼし、骨盤の歪みを引き起こす可能性があります。

重心が左右どちらかにかかっている

立っているときに無意識に左右どちらかに重心がかかっている姿勢は、骨盤の歪みの原因になります。この姿勢が習慣化すると、骨盤のバランスが崩れ、歪みが生じる可能性があります。

高さのある枕を使用している

高さのある枕を使用することで、首に過度の負担がかかります。首が前方に飛び出し、そのバランスを保つために背骨や骨盤に歪みが生じる可能性があります。

③ 筋肉の硬化

同じ姿勢を続けると、血行が悪くなり体が固まります。筋肉が伸び縮まず血液が滞るため、筋肉に酸素や栄養が供給されず、さらに硬くなります。その結果、固まった筋肉は血管を圧迫し、血行が悪化します。この悪循環が繰り返され、筋肉がますます固くなります。

以下の習慣が筋肉を硬くする習慣です。

  • 同じ姿勢でいる
  • 筋肉の血行が悪くなる
  • 筋肉に酸素や栄養が供給されずに固まる
  • 硬くなった筋肉が血管を圧迫
  • 筋肉の血行が悪くなる

姿勢が悪いことで起こるデメリット

一般的に悪い姿勢は、筋肉や関節への負担が増加し、肩こりや腰痛、関節痛などを引き起こしやすくなるとされています。特に高齢者では、背中が丸まることで転倒しやすくなったり、腕の挙がりが悪くなったり、気分が落ち込みやすくなったりする傾向があります。

姿勢が悪いことで起こるデメリットには以下のようなものがあります。

デメリット5つ
  • 肩こりや腰痛の原因になる
  • 見た目が悪く見える
  • 太りやすくなる
  • 集中力が下がる
  • 疲れやだるさを感じやすくなる

肩こりや腰痛の原因になる

頚椎(首の骨)は、本来、前方にゆるやかなカーブを描いています。しかし、スマホやタブレットなどの小さな画面を見る際に頭を前方に突き出すと、このカーブが失われてまっすぐになり、ストレートネックと呼ばれる状態が生じます。

ストレートネックでは、首の前側の筋肉(斜角筋)が緊張しているため、長時間この姿勢を続けると筋肉がこり固まり、肩こりを引き起こします。特に女性は男性に比べて首の筋肉が弱いため、多くの女性がストレートネックになりやすいとされています。ストレートネックの人は肩こりになりやすいため、スマホを使う際には姿勢に注意が必要です。

さらに、ストレートネックの状態は猫背になっているため、頭部の重みにより背中の筋肉のバランスが悪くなり、腰部への負担が増えることが考えられます。猫背だけでなく、脚を組んだり、寝転んだり、悪い姿勢のままスマホを長時間利用することで、肩や腰に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になる可能性があります。

見た目が悪く見える

明るく元気で健康的な人ほど、胸を張り背筋がスッと伸びた、キレイな姿勢を維持し続けていますね。

猫背は肩や背中が丸まり、頭が前に突き出した姿勢となるため、周囲からは次のようなマイナスな印象を与えることがあります。

実際の年齢よりも老けて見える 暗く、自信がなさそう だらしない 身につけている服が似合わない 人の第一印象は、見た目や姿勢で内面や生活習慣をイメージされることが少なくはないため、猫背は早めに改善しておくべき要注意の姿勢と言えます。

  • 猫背によって鎖骨が押しつぶされたような形になり、スタイルが悪く見える
  • 両肩が内側に巻き込まれ、肩甲骨が埋もれてしまい、背中が広く見える
  • 肩甲骨まわりの筋肉を上手に使えないため、背中に贅肉がつきやすくなる
  • 頭と顔が前に突き出してくるため、顔が大きく見える
  • 猫背だと胸が張れないため、バストの位置が下がる
  • 内臓が圧迫されて位置が下がり、ポッコリお腹になる
  • 反り腰になりやすく、太ももが太くなりパンパンに張ってくる

これらの見た目の変化が、猫背のクセになると写真を撮られることに抵抗を感じたり、鏡に映る自分の姿にガッカリするなど、メンタル面の不調につながる心配もあります。

太りやすくなる

姿勢を良くしようと思っても、つい猫背になってしまう方は多いでしょう。良い姿勢を維持することができない理由は、悪い姿勢の方が楽だからです。
姿勢を保つためには筋肉を使用します。逆に悪い姿勢は筋肉をあまり使用しません。その状態が続くと、筋肉の量が少なくなり、基礎代謝が下がってしまいます。

結果として太りやすい体になるので注意しましょう。ダイエットをしてもすぐリバウンドしてしまうのは、姿勢が悪いのが原因かもしれません。

  • 使われていない筋肉がたくさんあるため、脂肪が付きやすくなる

正しい姿勢を保てないということは、使われていない筋肉がたくさんあるということです。筋肉よりも脂肪の方が身体に付きやすいので、筋肉が少ない人は全体的に脂肪が付きやすくなります。

  • 肩甲骨の内側にある、脂肪を燃焼させる細胞や筋肉の働きが低下する

肩甲骨の内側には、脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」や「菱形筋」という筋肉があります。

猫背のように姿勢が悪いと、肩甲骨周辺の筋肉が緊張し血行が悪くなります。そうなると褐色脂肪細胞や菱形筋の働きが悪くなり代謝が下がるため、太りやすくなってしまうのです。

  • 姿勢の悪さで倒れた頭を支えるため、お尻やお腹に脂肪が付

猫背やうつむき姿勢などで頭が倒れていると、その状態を支えるために骨盤が正常な位置よりも後ろに倒れ(後傾)ます。
このように骨盤が後ろに倒れると、正常時よりも筋肉と骨のバランスが崩れ、その隙間である臀部(お尻)や腹部に脂肪が付きやすくなり下半身が太ってくるのです。

集中力が下がる

集中力の低下と聞くと脳と関係するイメージがありますが、実際は“姿勢の悪さ”が大きな原因になります。姿勢が悪くなると重力が下に落ちるため、首や肩などに負荷がかかります。負荷がかかった部分は当然疲れやすくなりますから、集中力にも影響してしまいます。

また姿勢が悪くなると猫背になりやすく、猫背は胸部を圧迫し呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると血液循環も悪くなり集中力に影響を及ぼします。結果、脳に十分な酸素が行き渡らなくなり集中力が低下してしまうのです。少しでも集中力を高めるためにはやはり姿勢を良くすることが大切でしょう。

疲れやだるさを感じやすくなる

筋肉には疲労物質である乳酸が溜まります。この乳酸は血流によって肝臓に運ばれ、処理されます。しかし、血流が悪くなると、筋肉に乳酸が残ったままになり処理されません。その結果、疲れやだるさを感じやすくなってしまいます。「最近、疲れやすいな」と感じているのは、姿勢が悪いのが原因かもしれません。疲れが残っていると、生活や仕事にも影響が及びます。

姿勢を改善するための対策

姿勢を改善するためには、以下のような対策を行うことがおすすめです。

姿勢改善に必要な3つの対策
  • スマホやパソコンの使用時間を減らす
  • 適度な運動をする
  • 筋トレやストレッチをする

スマホやパソコンの使用時間を減らす

スマホやパソコンの使用時間を減らすことは、姿勢を改善するための第一歩です。
スマホやパソコンの画面を見るときは、目と画面の距離を約40cmに保ち、画面の上端が目の水平線になるように調整しましょう。

また、長時間同じ姿勢でいると筋肉が凝り固まってしまうので、30分に一度は休憩をとって体を動かすことが大切です。休憩中には首や肩、背中のストレッチを行うと効果的です。

適度な運動をする

運動不足は姿勢の悪化の原因の一つです。運動をすることで筋力や柔軟性を向上させることができます。

特に姿勢に関係する筋肉は、背中や腹筋、骨盤底筋などです。これらの筋肉を鍛えることで、姿勢を支える力が強くなります。

運動の種類は、筋トレ、ウォーキングやランニング、水泳、ヨガ、ピラティスなどがおすすめです。
運動は週に3回以上、1回に20分以上行うことが目安です。運動をするときは、姿勢に気をつけて行うことが重要です。姿勢が悪いまま運動をすると、かえって体に負担をかけてしまう可能性があります。

当ジムの姿勢改善プログラム

姿勢チェック

写真撮影や直接お客様の肩甲骨や骨盤のチェック、また腕を上げる動作や身体を捻る動きなどに問題がないかどうかチェックし、お客様のお身体に対する課題を抽出します。

整体・ストレッチ

姿勢チェックを基に、固くなっている筋肉をトレーナーが整体・ストレッチをして伸ばしていきます。バキバキ整体のような痛みが伴うようなものではなく、リラックスして受けてもらえるものになります!

トレーニング

整体・ストレッチで身体が動かしやすくなったら弱い筋肉や機能低下が起きている筋肉に対して簡単なトレーニングを行い、お客様の課題を解決していきます。
家でも行えるように動画を撮影して自主トレを作成します。

当ジム ベストフィードの体験の流れ

姿勢チェック

写真撮影や直接お客様の肩甲骨や骨盤のチェック、また腕を上げる動作や身体を捻る動きなどに問題がないかどうかチェックし、お客様のお身体に対する課題を出していきます。

整体・ストレッチ

姿勢チェックを基に、固くなっている筋肉をトレーナーが整体・ストレッチをして伸ばしていきます。バキバキ整体のような痛みが伴うようなものではなく、リラックスして受けてもらえるものになります!

トレーニング

整体・ストレッチで身体が動かしやすくなったら弱い筋肉や機能低下が起きている筋肉に対して簡単なトレーニングを行い、お客様の課題を解決していきます。

家でも行えるように動画を撮影して自主トレを作成します。

当ジム ベストフィードは姿勢・腰痛改善パーソナルジムであり、理学療法士を持ったトレーナーがあなたの体をチェックし、運動を徹底指導します。

  • 猫背で腰痛を感じている
  • 反り腰で悩んでいる
  • 疲れが取れにくい
  • 運動習慣をつけたい
  • 自分に合った運動が知りたい人


このようなお悩みがある方はぜひ当店にいらっしゃって下さい!
お申し込みはweb、公式LINE、インスタDMより可能です!

【姿勢・腰痛改善パーソナルジム ベストフィード】
地下鉄北24条駅から徒歩1分!!!
今なら期間限定にて初回体験980円です
ぜひこの機会をお見逃しなく!

●〒004-0031 北海道札幌市厚別区上野幌1条2丁目6-10
090-7656-2345
Instagramアカウント:@best___feed__gym

当ジム ベストフィードの体験の流れ

姿勢チェック

写真撮影や直接お客様の肩甲骨や骨盤のチェック、また腕を上げる動作や身体を捻る動きなどに問題がないかどうかチェックし、お客様のお身体に対する課題を出していきます。

整体・ストレッチ

姿勢チェックを基に、固くなっている筋肉をトレーナーが整体・ストレッチをして伸ばしていきます。バキバキ整体のような痛みが伴うようなものではなく、リラックスして受けてもらえるものになります!

トレーニング

整体・ストレッチで身体が動かしやすくなったら弱い筋肉や機能低下が起きている筋肉に対して簡単なトレーニングを行い、お客様の課題を解決していきます。

家でも行えるように動画を撮影して自主トレを作成します。

当ジム ベストフィードは姿勢・腰痛改善パーソナルジムであり、理学療法士を持ったトレーナーがあなたの体をチェックし、運動を徹底指導します。

  • 猫背で腰痛を感じている
  • 反り腰で悩んでいる
  • 疲れが取れにくい
  • 運動習慣をつけたい
  • 自分に合った運動が知りたい人


このようなお悩みがある方はぜひ当店にいらっしゃって下さい!
お申し込みはweb、公式LINE、インスタDMより可能です!

【姿勢・腰痛改善パーソナルジム ベストフィード】
地下鉄北24条駅から徒歩1分!!!
今なら期間限定にて初回体験980円です
ぜひこの機会をお見逃しなく!

●〒004-0031 北海道札幌市厚別区上野幌1条2丁目6-10
090-7656-2345
Instagramアカウント:@best___feed__gym

この記事を書いた人

山下 裕太のアバター 山下 裕太 腰痛・姿勢改善に強いパーソナルトレーナー

パーソナルジム ベストフィード代表の山下裕太です。私は今まで病院にて理学療法士として、5,000人以上の腰痛と関わってきました。私自身も腰痛に悩み、乗り越えた経験があります。「腰痛で悩む方を少しでも減らし、健康を届けたい」という思いから地元札幌にてパーソナルジムを開業しました。ぜひ、あなたの治らないと思っていた腰痛を改善して、楽しい人生を歩んでいきましょう!

◆主な実績・経歴
・札幌山の手高校ラグビー部 トレーナー(2021~現在)
・エスポラーダ北海道(フットサル Fリーグ1部)トレーナー(2022)
・ラグビー日本代表 コンディショニングトレーナー
その他多数

◆保有資格
・理学療法士
・福祉住環境コーディネーター2級
・Animal Flow®level1 インストラクター
・リズムトレーニング ディフューザー

目次